青汁 効果 血糖値

青汁の効果で血糖値が下がるワケ【最近のおすすめ青汁がコレ!】

当サイトは青汁の効果で血糖値が下がる理由と、最近のおすすめ青汁を紹介しています。

 

青汁ってそもそも血糖値を下げる効果があるの?

 

血糖値を下げる青汁はどれがいいの?

 

という方の参考になれば幸いです。


青汁の血糖値に対する効果

青汁には、血糖値を下げる効果が期待できます。

 

血糖値とは血液中の糖質がどれくらいあるか示すものですが、糖質は体や脳を動かすエネルギー源であり、欠かすことのできない栄養分です。

 

しかし過剰な摂取が続くと、糖尿病、脳卒中、神経障害、動脈効果などの病気を引き起こします。

 

血糖値が上下する仕組み

食事で糖質をとると、誰でも血糖値が上昇し、やがて緩やかに下がっていきます。

 

血糖値を下げるのに関係しているのが、すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンです。

 

糖質を過剰に摂取し続けると、すい臓が消耗してインシュリンの分泌が少なくなり、血糖値がなかなか下がらない体質になってしまいます。

 

血糖値を上げない方法としてまず考えられるのは、糖質をとりすぎないよう食事をコントロールすることや、有酸素運動によって糖質を消費することです。

 

しかしこうした生活習慣の改善はなかなか実行することが難しいものです。

 

そこで注目されてきたのが、簡単に飲み続けられる青汁によって血糖を下げることです。

 

青汁が血糖値の上昇を抑える仕組み


青汁に含まれている水溶性の食物繊維は、水に溶けるとねばねばしたゲル状に変わります。

 

ゲル状になった食物繊維が腸の壁を覆うことで、糖質が血液中に吸収するスピードを下げ、血糖値の急激な上昇を抑えるのです。

 

青汁は手軽に取り入れることができ、今も人気を集めています。

 

しかし種類がたくさんあって迷う人もいると思いますので、血糖値を下げる効果が期待できる青汁をランキングでまとめてみました。


血糖値を下げる効果が期待できる青汁ランキング

血糖値を下げる効果が期待できる青汁1位 森永製菓おいしい青汁の特徴

・北アルプスでとれた新鮮なケールを使用

・すべて国産の10種類の野菜と果物を使用

・砂糖、食塩、香料、保存料不使用

・富士山麓の地下水を使用

・これ1本で野菜不足、食物繊維不足を解消する機能性表示食品

・難消化性デキストリンを、1本に5.0g配合

・世界標準の食品安全マネジメントシステムであるISO22000,FSSC22000を標準取得した工場で製造

価格 通常合計価格12本3100円
評価 評価5
備考 初回限定67パーセントオフ1000円(税込)、送料無料
血糖値を下げる効果が期待できる青汁1位 森永製菓おいしい青汁の総評

野菜不足、中性脂肪、血糖値、おなかの調子が気になる人におすすめの機能性表示食品です。

1日に1本飲むだけで1日の野菜不足分摂取量を補うことができます。

機能性関与成分の難消化性デキストリンの働きで、脂肪の吸収を抑えて排出を増やし、党の吸収を穏やかにし、腸の調子を整えます。

農地、食材、水、工場のすべてにおいて、徹底して安全にこだわって製造しています。

 

血糖値を下げる効果が期待できる青汁2位 厳選青汁プレミアムの特徴

・中性脂肪、血糖値を抑える機能性表示食品

・機能性関与成分である難消化デキストリンを配合

・農薬不使用の国産大麦青葉が原料

・甘味料、酸味料、香料、着色料は不使用

・ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、鉄などの栄養分配合

価格 1箱20袋入り5000円
評価 評価4
備考 定期コース3900円(税抜)
血糖値を下げる効果が期待できる青汁2位 厳選青汁プレミアムの総評

中性脂肪や血糖値が気になる人におすすめの機能性表示食品です。

トウモロコシのデンプンから作られた植物由来の水溶性食物繊維である機能性関与成分難消化性デキストリンが、食後の脂肪と党の吸収を抑えます。

すっきりとした飲みやすい味で、お湯にも水にも溶けやすく、毎日おいしくいただけます。

1杯分ずつがスティックで包装されているので、持ち運びに便利です。

 

血糖値を下げる効果が期待できる青汁3位 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の特徴

・食後の糖の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンを配合

・ベースは農薬不使用の有機大麦若葉

・普段の食生活では不足しがちな食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルなどを配合

・飲みやすく毎日続けられる抹茶を配合

価格 通常価格3800円
評価 評価3
備考 初回限定70パーセント以上オフ1000円(税別)
血糖値を下げる効果が期待できる青汁3位 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の総評

食後の血糖値が気になる人におすすめの特定保健用食品です。

大麦若葉青汁に含まれる難消化性デキストリンのはたらきで、食事でとった糖質が時間をかけて吸収されることによって、血糖値が急激に上がるのを抑えます。

さらにビタミンB2、葉酸、鉄分といった普段の食生活で不足しがちなビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

血糖値対策の青汁で注目の成分

血糖値対策の青汁で注目すべき成分はやはり水溶性の食物繊維です。

 

最初に触れたように、青汁に含まれている水溶性の食物繊維は糖分の吸収をゆるやかにして、血糖値が急激に上がるのを抑える働きがあります。

 

さらに水溶性食物繊維には、食後の血液中の中性脂肪値の上昇を緩やかにして、排出量を増やす働きや、排便回数を増やしておなかの調子を整える働きも認められています。

 

またビタミンやミネラルなども豊富に含まれていますから、普段の食生活では不足しがちな野菜摂取を補う役割も果たします。

 

野菜の補給のためによく買われている野菜ジュースの場合、ジュースらしい甘みを出すために糖分が添加されているものも多く、糖質を上げてしまうリスクがありますが、糖分無添加の青汁ならその心配も回避できます。


青汁の効果的な飲み方

青汁は薬ではなく食品ですので、用法や用量に決まりはありません。

 

しかしより大きな効果を上げるために、適切な分量やタイミングがあります。

 

適切な分量

まず量ですが飲みすぎには注意するべきです。

 

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、飲みすぎるとおなかが緩くなってしまうことがあります。

 

飲むタイミング


青汁を飲むタイミングについては、飲む目的によって変わってきます。

 

まず糖質や中性脂肪対策で飲むという人は、食事前に飲むのがいいです。

 

食事で糖質や脂質を摂る前に食物繊維が腸に達しているので、血糖値や中性脂肪値の上昇を抑えるのに効果的です。

 

ダイエットが目的で飲むという人も食事前が効果的です。

 

食物繊維が満腹中枢を刺激して、食事のとりすぎを抑えます。

 

栄養補給が目的で飲む人は、体が栄養を吸収しやすい状態にある朝起きたときに飲むとより効果的です。


血糖値対策の青汁の選び方

血糖値対策の青汁を選ぶには3つのポイントがあります。

 

青汁の原料は何か

市場に出回っている青汁の原料には、ケール、大麦若葉、明日葉、クマザサ、町名層などがあります。

 

この中で最も優れている原料はケールです。

 

ケールは圧倒的に栄養価が高く、野菜の王様と呼ばれているほどです。

 

ケールと並んでよく青汁の原料に使われる大麦若葉と比較してみると、ベータカロチンが4倍,ビタミンCが1.2倍、ルチンが1.5倍、カルシウムが4.7倍、マグネシウムが3倍と、その差は歴然としています。

 

飲みやすい


青汁というと飲みにくいというイメージがありますが、最近はその点も改善されてきています。

 

粉末を水で溶かすものと最初からジュース状になっているものがありますが、粉末は溶けにくかったりダマになったりすることがあります。

 

なので、最初からジュース状になっているもののほうが飲みやすいです。

 

野菜や果物も入っている

野菜や果物が入ってるほうが、味がよく、よりバランスよく栄養分を補給することができます。


1位の森永製菓 おいしい青汁がおすすめの理由

森永製菓の美味しい青汁をおすすめする理由は3つあります。

 

1つ目は原料にケールを使っていることです。

 

他の2商品は大麦若葉を使っているため、先ほど見たように含まれている栄養分にはっきりとした差があります。

 

2つ目は飲みやすいことです。

 

ケールといっしょに使われているリンゴや青物野菜の甘みがほんのり感じられて、毎日飲める飽きの来ない味です。

 

他の2商品は粉末状で粉っぽさがあり溶けずに下に沈殿したりしますが、森永製菓おいしい青汁は最初からジュース状になっているので、最後まで美味しく飲めます。

 

3つ目はケールと一緒に明日葉、ブロッコリー、クレソン、パセリ、キャベツ、青シソ、セロリ、ニンジン、リンゴが使われていることです。

 

これによってよりバランスの取れた栄養素をより美味しくとることができます。

 

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>、厳選青汁プレミアム両方とも大麦若葉と抹茶しか使われていません。

 

以上の3点から見て森永製菓の美味しい青汁がいちばんのおすすめとなります。